宮崎県体育協会
イベント大会情報   関連リンク集   サイトマップ   お問合せ   ログインはこちら
トップページ
協会について
競技力向上・国民体育大会
地域スポーツ振興
スポーツ指導者競技会、医・科学委員会
スポーツ少年団
その他
TOP  >  d3diary  >  宮崎県アーチェリー協会  >  普及活動  >  オリンピアンを迎えて行われた宮崎ファミリーアーチェリー教室

宮崎県アーチェリー協会 さんの日記

2017
11月 21
(火)
09:48
オリンピアンを迎えて行われた宮崎ファミリーアーチェリー教室
カテゴリー  普及活動
本文
宮崎ファミリーアーチェリー教室

主催:宮崎県アーチェリー協会
共催:(公益社団法人)全日本アーチェリー連盟 普及部
後援:宮崎県教育員会および木城町教育委員会
会場:木城町山塚運動広場
期日:2017年11月19日(日)08:30-13:00
講師:全日本アーチェリー連盟
副会長:穂苅 美奈子 (1984年ロス五輪女子総合10位)
副理事長普及部長:溝井 利和
理事 普及部担当:笹尾 茂寿

 2017年11月19日(日)、木城町山塚運動広場で宮崎県アーチェリー協会主催のファミリーアーチェリー教室が秋のとてもすんだ空気の中で開催されました。宮崎市、木城町、延岡市から小学校2年生から保護者までを含む9家族16人が参加し、全日本アーチェリー連盟から派遣された3名の先生による安全指導・アーチェリー体験練習・ミニゲームが行われました。いずれの先生もオリンピックに出場あるいは監督等の経験があり、なかなか得がたいチャンスでもあり、参加者もはじめはだいぶ緊張していました。また、初心者にどのような指導をするのかを学ぶため、20人以上の県内指導者も集合し、熱心に見学しておりした。スクール後半で同レベルの4チームを形成し、国体やオリンピックの決勝で用いるチーム対抗形式のゲームを開始したところ、参加者の方たちも徐々に熱気を帯び、仲間と一緒に戦う楽しさを満喫できたようです。
 このようなオリンピアンによるアーチェリー教室は昨年度から始まったばかりですが、宮崎県アーチェリー協会でもいち早く導入して次期国体に向けて県内の競技力増強に結びつけたいと考えているところです。

閲覧(179)


健スポ